牛肉のメニューに合った部位選びのコツ

牛肉のメニューに合った部位選びのコツ

牛肉には様々な部位があり、料理によって使い分けることでより美味しく食べられます。部位に適したメニューを選ばないとせっかくの美味しさが半減してしまうこともあるので、注意が必要です。希少部位である頬肉は食感が柔らかく、適度に脂があります。しっかりと脂を味わえる煮込み料理や焼き肉に向いています。肉をガッツリ食べられる、ビーフシチューにもおすすめです。さっぱりとした味わいで、食べごたえがあるのがタンです。煮込むとトロトロになり、また違った食感を楽しめるのもメリットです。歯応えを感じたいときには焼き肉で、トロトロとした独特な食感が良いなら煮込み料理に使いましょう。すき焼きやしゃぶしゃぶなど鍋物に向いているのが、ロースです。柔らかい肉質ときめ細やかな味が特徴で、薄くスライスしても風味が損なわれません。牛肉の部位の中でも霜降りが多いリブロースは、ステーキが最適です。好みの焼き加減にして、肉の旨味を感じましょう。

良い牛肉の味や食感の条件とその部位について

牛肉をスーパーや専門店で購入する際、見た目も重要ですが、味と食感も重要なポイントです。そして、牛肉の美味しさには「味」「香り」「食感」の3つの要素から成り立っており、どれか一つが欠けていても美味しさが半減してしまう可能性があります。味や食感が良い牛肉とは、口に入れた瞬間に柔らかくて、調理加熱プラス体温で溶けるほど脂身が上質であることが条件です。味が美味しいのはもちろんですが、噛んだ時に筋や脂身が口に残らないことが良い肉だと言えます。また、肉の部位によっても味と食感は異なるため調理に合わせて選ぶ必要があり、カルビは脂が甘くて柔らかく、ハラミは赤身っぽくて柔らかい、そしてロースはさっぱりしていて食感はしっかりしていることが特徴です。ただ美味しく食べるのではなく、食べている牛肉の部位の味や食感を感じながら食することで、購入する時や適している料理を把握したりと、日々の料理を作る参考になります。